社会福祉法人津久見市社会福祉協議会|ボランティア|障がい者福祉|地域福祉|共同募金|専門相談|大分県津久見市|つくみ|社協

qrcode.png
http://tsukumi-shakyo.jp/
モバイルサイトにアクセス!
●PDFが閲覧できない方は、こちらからAdobe Readerのダウンロードをお願い致します。
 

にじカフェ(認知症カフェ)

   
「にじカフェ」とは
 「にじカフェ」は、認知症の当事者やご家族、地域の方、専門職など、誰もがゆったりと過ごせる場所として平成28年12月にオープンしました。
 「認知症のことについて知りたい」、「認知症で困っている方の何かお手伝いがしたい」などと思っている地域の皆さんの交流の場所としてもご利用いただけます。 
 

今後の予定

今後の予定
 
 
 
 
 
 
 時間*10:00~12:00
 場所*ふれあい交流センター
 参加費*100円
 
 
 
*9月19日
 世界アルツハイマーデーにちなんで「認知症の人と家族の会」の事務局長にお話をしていただきます
 
 
*10月17日
 
 
フォーム
 
平成29年8月22日(火)
10:00~
 ふれあい交流センターにて「にじカフェ」を開催しました。猛暑の中、32名の方が参加しました。8月と言えば「盆踊り」ということで、津久見の風物詩「扇子踊り」を踊りました。何十年ぶりに踊る方もいましたが、そこは昔取った杵柄!!見事な扇子の舞を見せてくださいました。
 
平成29年7月18日(火)
10:00~ 
 ふれあい交流センターにて「にじカフェ」を開催しました。暑い中、39名の参加がありました。今回は、かき氷器を準備し、かき氷を振る舞いました。また、お手伝いに来て頂いた民生委員さんよりオカリナの演奏と絵本の読み聞かせを披露していただきました。心安らぐ音色とやわらかい読みきかせの声に参加者の方々も心を洗われました。
 
 
平成29年6月27日(火)
 10:00~
 ふれあい交流センターにて「にじカフェ」を開催しました。
今回は54名もの参加者があり、大盛況でした。来月の七夕様にちなみ、七夕飾りを作製し、短冊に願いを書き、笹につるしました。「久しぶりに作った」「懐かしいなぁ」など、みなさん童心に返って作っていました。
七夕飾りはセンターの玄関に飾ってますので、ぜひお越しの際はご覧下さい。また、長寿支援課の手嶋管理栄養士により「手作り経口補水液」についての話と試飲を行いました。
 
平成29年5月16日(火)
2017-05-16
10:00~ 
 今回は43名もの参加者があり大変賑やかでした。5/14(日)が母の日だったということもあり、室内をカーネーションで飾り付け、参加者のお母様達に思いをはせました。又、今月より民生委員児童委員女性部がお手伝いを行ってくれるようになり、上田民生委員からはマジックを披露していただきました。華麗な手さばきに、みなさん拍手喝采でした。
 
平成29年4月18日(火)

10:00~
 ふれあい交流センターにて「にじカフェ」を開催しました。お天気が良かったせいか39名もの参加がありました。5月の子どもの日に先がけて、室内には兜やこいのぼりを飾り付け、自分達の子どもの頃を振り返りました。また今回初めて物忘れプログラム(タッチパネル)を設置し、数名の方がチャレンジしました。次回も設置しますので、関心のある方はぜひどうぞ。

 

津​久​見​市​社​会​福​祉​協​議​会​地​図​
 
社会福祉法人
津久見市社会福祉協議会
〒879-2441
大分県津久見市中央町760番地133
TEL   0972-82-5000
FAX 0972-82-5003
----------------------------------
<<社会福祉法人 津久見市社会福祉協議会>> 〒879-2441 大分県津久見市中央町760番地133 TEL:0972-82-5000 FAX:0972-82-5003