社会福祉法人津久見市社会福祉協議会|ボランティア|障がい者福祉|地域福祉|共同募金|専門相談|大分県津久見市|つくみ|社協

qrcode.png
http://tsukumi-shakyo.jp/
モバイルサイトにアクセス!
●PDFが閲覧できない方は、こちらからAdobe Readerのダウンロードをお願い致します。
 

ボランティア活動の様子

 

ボランティア活動の様子

ボランティア活動の様子
フォーム
 
じじばばハウス
2021-05-14
 徳浦地区のコミュニティカフェ「じじばばハウス」が開催されました。いつもならお茶を飲んだり、おしゃべりしたりと地域の集いの場となっているカフェですが、コロナ禍で出来る事として、4月には2回筍ごはん等を配布、今回は民生委員さんを中心に数人で、ホウ酸ダンゴと、寄付でいただいた豆を使って豆ごはんを作り、手分けして参加者のお宅へ届けました。受け取る時、皆さんとても笑顔で「ありがとう!」「わざわざ、来てくれたん」と感謝を伝えていました。自粛が続く中でも工夫をして、しっかりと絆が繋がれていました。
 
ボランティア協力校
2021-04-20
ボランティア協力校連絡会

 年1回ボランティア協力校へ呼びかけ、ボランティア協力校連絡会を開催しました。ボランティア協力校とは、市内小・中・高校の全校を協力校に指定し、ボランティア活動などに取り組んでいただいております。
 今回の連絡会では、各協力校での活動報告と、今年度市社協と取り組ませていただいた福祉体験学習の報告を行いました。また、津久見市内で運営されている二つの団体、「ボランティアグループみんなのサポートセンター」の高橋さんと「津久見子ども健やか協議会」の黒木さんをお招きして、子ども食堂について紹介をしていただきました。
 
ボランティア協力校
2021-03-23
 津久見小学校
 
 4年生が1年間「広げようハピネスプロジェクト」として福祉学習を行い、新聞やリーフレットにまとめたものを持ってきてくれました。
 「学習で学んだ困りごとを町で見かけた時には助けてあげたい。」「もっとみんなが幸せになってほしい。」という思いがつまった新聞やリーフレットになっています。手に取ってみたい方は社会福祉協議会受付カウンターに置いていますので、どうぞお越しください。
 
ボランティア協力校
2021-02-19
青江小学校
 
 4年生が大分県助産師会の詫摩千晴さんと松木里香さんをお招きして、いのちの授業を行いました。
 いのちの始まりのことやいのちのつながりの話を聞き、子ども達からたくさんの質問が出ていました。子ども達から「妊婦さんの苦労や喜びなど知らなかった気持ちを知ることができた。」「町で荷物を運んでいたら声をかけたい。」「いのちの大切さを学べた。」などの感想がありました。
 
ボランティア協力校
2020-12-07
津久見小学校
 
 4年生が車いすバスケット連盟チームをお招きして交流会を行いました。
 日常生活に使っている車いすと車いすバスケット用の車いすの違いや車いすバスケットは障がいの重い選手、軽い選手、健常者の方も平等に誰もが参加できるスポーツであること等を学びました。その後はチームに分かれ、リレーやミニゲームを行いました。子ども達は車いす操作に戸惑いながらも白熱したゲームを繰り広げました。
津​久​見​市​社​会​福​祉​協​議​会​地​図​
 
社会福祉法人
津久見市社会福祉協議会
〒879-2441
大分県津久見市中央町760番地133
TEL   0972-82-5000
FAX 0972-82-5003
----------------------------------
<<社会福祉法人 津久見市社会福祉協議会>> 〒879-2441 大分県津久見市中央町760番地133 TEL:0972-82-5000 FAX:0972-82-5003